京都を拠点としたNPOです。学校等教育現場でアーティストと子どもがワークショップを行う活動のコーディネートを行っています。


by kodomodeai-k
子どもとアーティストの出会いでは、
下記ワークショップのボランティアスタッフを募集しています。

≪TOA Music Workshop 2007 ~もっとひらいて!もっとはずんで!~≫

神戸市のジーベックホールで、小中学生を対象とした
音楽ワークショップ「TOA Music Workshop2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~」を実施します。
「心を開いて音楽に向きあうこと」「音楽を通して自分を表現すること」をテーマとし、

子どもたちが主体的に音楽に参加して、今まで知らなかった自分自身の表現力に気付くことを目的としています。
参加アーティストは、ガムランユニットの「HANA★JOSS」と民族音楽ユニットの「UOOMOO」。

ガムランや民族音楽を中心としながら、子どもたちと一緒に音楽をつくりあげます。
子ども向けワークショップに興味がある方、ぜひ一緒にワークショップをサポートしてください!

■日時:①2008年1月22日(火) 9:00集合、12:30解散(本番10:30~12:00)終了しました
     ②2008年3月4日 (火) 9:30集合、12:00解散(本番10:00 ~11:30)(予定)
■対象:①小学1年生~6年生 28名
     ②小学3年生 80名
■場所:ジーベックホール(三宮よりポートライナーで「中埠頭駅」下車すぐ)
■参加アーティスト:HANA★JOSS(ジャワガムランユニット)
            UOO MOO (民族音楽)

主催     TOA株式会社
企画・制作  子どもとアーティストの出会い 株式会社ジーベック

企画詳細はこちら

【ワークショップ内容】
    ワークショップの前半では、リラックスした空間でジャワガムランを中心とした音楽の世界に触れます。   
    後半は、インドネシアのリズム音楽「ケチャ」を中心としたワークショップを行い、
    子どもたちと音楽家による「即興ライブパフォーマンス」に挑戦します。

【お手伝い頂きたいこと】
  *音楽家や子どもたちの活動をサポートし、ワークショップが楽しく進むためのお手伝いをお願いします*
    本ワークショップオリジナルプログラム「お茶ケチャ」(インドネシアのバリ島の民俗音楽「ケチャ」を
    ヒントにしたリズム音楽)のリード役をお願いします。(事前研修有)
    また、音楽に苦手意識があったり、恥ずかしがって参加したがらない子どもたちもいます。
    ワークショップの輪の中に入って、「音楽を積極的に楽しむための場づくり」をお手伝いください。

【参加条件】
    ・音楽が好きで、子どもを対象としたワークショップに関心があること。
    ・なるべく全日程に参加できること。(1回の参加でも可能です。お問合せください)
    ・参加にあたって、謝礼は出ませんが、交通費(実費)、昼食をご用意します。

【募集人数】 各4名
【申込締切】 2008年1月18日(金)
         (定員に満たない場合は、引き続き受付しますので、一度お問合せください)
【申込み、お問合せ先】
        子どもとアーティストの出会い 担当:井手上(いでがみ)
         tel.090-6731-8598 fax.075-231-8607
         e-mail.idegami@arts-staff.net
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入る上る観音堂町466みやこ3階
[PR]
# by kodomodeai-k | 2008-01-09 16:10 | スタッフ募集!
子どもとアーティストの出会いが全国事務局を務める、
「トヨタ・子どもとアーティストの出会い」のワークショップを各地で開催中です。
2007年度は札幌・群馬・愛知・大分で実施しています。

トヨタ・子どもとアーティストの出会い 2007年度開催概要詳細
[PR]
# by kodomodeai-k | 2008-01-07 19:23 | イベント案内

ラジオ出演のご案内

KBSラジオ京都の情報ワイド番組「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」
朝7:15~の「NISSANビジネスサポートトピックス」に
代表の井手上が電話で生出演させて頂きました。
放送日:2007年11月19日 7:15~約20分間

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ
[PR]
# by kodomodeai-k | 2007-11-19 19:26 | お知らせ
『TOA Music Workshop 2007』開催のお知らせ


子どもとアーティストの出会いとTOA株式会社は、小中学生を対象とした無料音楽ワークショップシリーズ「TOA Music Workshop 2007」を開催いたします。プロの音楽家と子どもたちが共同で創り出す、新しい即興音楽パフォーマンスにご期待ください。

本企画は、小中学生を対象に2005年度より展開する、音楽を主とした体験型のプログラムです。音楽を自由に聴き、感じ、体で表現する体験を通じ、子どもたちの感性を刺激し、創造力を高めて新たな価値観を得る機会の提供を目的としています。生徒・児童は、総合学習などの授業の一環として、学校の学年単位で参加。今年度は関西地区の学校3校が公募により選出されました。

芸術家によるワークショップ形式の授業は、一般的には少人数、長時間で行うことが主となっています。授業時間の減少に伴い芸術文化に関する割当時間が削減される現状を踏まえ、本企画ではより学校側が参加しやすいプログラムづくりを目指す意図から、短時間(2時間完結型)、多人数(最大200人)での実施を行います。実施にあたっては、会場である「ジーベックホール」の照明効果と、音響設備を最大限活用した独自の手法により、短時間、多人数でも効果の高いプログラムとします。

【企画概要】
2007年度は、『もっとひらいて!もっとはずんで!』をサブタイトルとし、「心を開いて音楽に向き合うこと」「音楽を通して自分を表現すること」をテーマとしました。ガムラン*1奏者のHANA★JOSS(はな じょす)、民族音楽ユニットのUOOMOO(うーむー)をゲストに迎え、アジア・アフリカの音楽をベースにしたワークショップを実施します。
プログラム前半は、音響・照明による非日常的な環境演出と、ガムランのゆったりとした音の響きにより、参加生徒・児童をリラックスさせ、音楽に参加することへの心理的抵抗を取り除くことを試みます。後半では、インドネシアのバリ島の民俗音楽「ケチャ*2」を、子どもたちでも簡単に擬似体験できるようにアジンレした本ワークショップ用オリジナルプログラム「お茶ケチャ*3」を体験。最終的には、子どもたちのケチャの合唱とプロの音楽家の共演による、全員参加による音楽パフォーマンスに挑戦します。ワークショップに参加することで、日常の中では発揮しがたい音楽的感性や表現力を引き出す効果を狙い、結果として、自分自身や周囲の人々の新たな面を発見するなど、より印象的な体験となることを目指しています。

*1:ガムラン
インドネシアの民族音楽。楽器編成は様々だが、ゴング類の金属打楽器と鍵盤のある金属打楽器、そして太鼓が中心となって構成される。「青銅の交響楽」とも言われる。

*2:ケチャ
インドネシアのバリ島の民俗音楽。大勢数が円陣を組んで座り、「チャッ、チャッ」という掛け声の合唱によって演じる。それぞれが異なるパートを受け持ち、その声のコンビネーションによって16ビートの複雑な音楽的リズムを創る。

*3:お茶ケチャ
ケチャの掛け声「チャッ」を、日本語の「茶」という単語に置き換え、「お茶お茶ばん茶」など日本語のフレーズとして発声することで複雑なケチャのリズムを簡単に再現できるようにした、本ワークショップオリジナルプログラム。


【TOA Music Workshop 2007 ~もっとひらいて!もっとはずんで!~】
主催 : TOA株式会社
企画・制作 : 子どもとアーティストの出会い(NPO)、株式会社ジーベック
開催場所 : ジーベックホール(神戸市中央区港島中町7-2-1)
開催日・参加校等 : TOA本社ビル内各施設(神戸市中央区港島中町7-2-1)
参加音楽家 : HANA★JOSS(はな じょす) ガムランユニット
UOOMOO(うーむー) 民族音楽ユニット
見学 : 可(事前申込制。音楽、教育、その他関係者に限る)

【開催日程等】
実施校・日程
  神戸市立港島中学校 2007年11月5日(月)
  神戸ドイツ学院ヨーロピアンスクール 2008年1月22日(火)
  京都教育大学附属桃山小学校 2008年3月4日(火)

会場 ジーベックホール
(神戸市中央区港島中町7-2-1)

【出演者プロフィール】
HANA★JOSS (はな じょす/ROFIT IBRAHIM・佐々木宏実)
2002年11月にインドネシアジョグジャカルタで結成されたガムランユニット。ジャワ島中部のガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ガムランの新曲製作、また他ジャンル楽器とのコラボレーションなど出会いを求めて笑いや感動を模索しながら2005年より京都を拠点に活動中。

UOO MOO (うー むー/夏秋文彦・中北裕子)
1999年に結成。カリンバ、ジャンベ、ウドゥドラム、口琴、鍵盤ハーモニカ等、数々の楽器を操りその独特な"リズム"、"メロディー"、そして"倍音"の絡み合う国籍不明音楽世界をクリエイト。 "地球の音を丸ごとこねてころがして"をキャッチフレーズに多種多様のエッセンスを取り入れ新しい音楽をつくり出している。


【お問合せ先】
子どもとアーティストの出会い
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
Tel. 090-6731-8598 Fax.075-231-8607
e-mail:idegami@arts-staff.net
担当:イデガミ
[PR]
# by kodomodeai-k | 2007-10-29 19:09 | イベント案内
子どもとアーティストの出会いとTOA株式会社は協働で、小中学生を対象とした無料音楽ワークショップ「TOA Music Workshop2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~」を開催いたします。

TOA株式会社では「小中学生のための世界の民族楽器シリーズ」(1999~2004年)や中学生を対象とした体験活動週間「トライやる・ウィーク」の受入れプログラム(1998年~継続中)など、プロの音楽家と子どもたちが出会い、音楽体験をするワークショプ・プログラムを行ってきました。これらの経験をベースに、2005年から「TOA Music Workshop」シリーズを新たに展開しています。2005年度は「リズム」と「身体表現」をテーマに、2006年度は、音楽の本質をみつめなおすことを目的に、「音を出すこと」と「音を聴くこと」をテーマとし、2年間で計758名の小中学生の皆様にご参加頂きました。

また、2007年3月に「TOA 音楽と教育の意識調査(*)」を行いました。意識調査は主に保護者を対象とし、1)保護者から見た子どもの音楽への接し方、2)保護者から見た学校の音楽教育、3)教育に対する企業の支援、の3分野について実施しました。その結果、1)では音楽は好きだが関わり方が受身である子どもたち、2)では学校の音楽教育で「音楽を好きになること」が最も期待されていること、3)では8割の保護者が企業の学校教育への支援に期待していることが判明しました。
(*)
【調査概要】
名称 : TOA音楽と教育の意識調査
対象 : 全国の男女 有効回答数636名  (男性227名、女性409名)
方法 : WEB調査
期間 : 2007年3月13日~3月19日

これらの調査結果を踏まえ、2007年度は子どもたちが主体的に音楽にかかわり、音楽の楽しさを知ることを目的に、「TOA Music Workshop2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~」を企画いたしました。ジャワガムランやアジア・アフリカの民族音楽など、多様な音楽に触れることでひとりひとりの音楽的感性を引きだし、「音楽に触れる喜び、音楽で表現する楽しさ」を学ぶ機会となればと存じます。みなさまのご応募、お待ちしております!

TOA Music Workshop 2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~
新しい自分、発見。
無料ワークショップ参加校募集!
ひとりひとり違うリズム。ひとりひとり違う表現。
まったく違う個性をもった子どもたち、他の人とは違ってあたりまえ。
子どもたち100人には、100通りの音楽があります。

勇気をだして自由に表現すれば、子どもたちの音楽は、こんなにも素晴らしい。
それは今まで、子どもたち自身も知らなかったこと。
音楽を通じて、新しい自分自身にきっと出会える。

2005年度は「リズム」と「身体表現」テーマに、2006年度は「音を出すこと」と「音を聴くこと」をテーマとして開催。2007年度は、「心を開いて音楽に向きあうこと」「音楽を通して自分を表現すること」をテーマとします。
ジャワガムランやアジア・アフリカの民族楽器など、多様な音楽に触れることでひとりひとりの音楽的感性を引き出し、「音楽に触れる喜び、音楽で表現する楽しさ」を学びます。
さまざまな角度から音楽にアプローチする音楽家と子どもたちがつくりだす、新しい音にご期待ください。

●実施期間  2007年9月~2008年3月(詳細日程は、参加校との調整による)
●実施場所  ジーベックホール(神戸市中央区港島中町7-2-1)
●対象    小学校中学年~中学生
●参加費   無料(但し、来場にかかる交通費などは、参加者負担)
●募集校    3校を公募
●アーティスト HANA★JOSS (ジャワガムランユニット)、UOO MOO(民族音楽ユニット)(調整中)
●運営形態   主催:TOA株式会社 
          企画・制作:子どもとアーティストの出会い、株式会社ジーベック
          後援:神戸新聞社、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会(すべて予定)
●内容
ワークショップの前半では、リラックスした空間でジャワガムランを中心とした音楽の世界に触れます。後半は、ガムランやアジア・アフリカの民族楽器を中心とした音楽に全員が参加し、子どもたちと音楽家による「即興ライブパフォーマンス」に挑戦します。このワークショップでは、子どもたちが主体的に音楽に参加し、今まで知らなかった自分自身の表現力に気付くことを目的とします。
※他校の教員や音楽関係者が見学可能な、公開ワークショップとさせて頂きます。

参加人数:各回100~200名程度
日   程:2007年9月~2008年3月までの期間で、調整の上確定
時   間:2時間程度
募集校:3校
 ※人数によっては、複数同時開催も可
 ※来場可能であれば、学校所在地は問わず
会  場:ジーベックホール

申込方法 2007年度のお申込みは、終了いたしました
※お申込みご希望の方は必要事項(学校名、学年、参加人数、希望時期、学校住所、担当者名、電話、FAX、e-mail)をご記入の上、郵送・FAXまたはe-mailにてお申込みください。申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。
※希望時期は目安の日程を第2希望までご記入ください。ご参加頂けることが決定した段階で、調整の上確定させて頂きます。

申込締切 2007年5月31日(木)

お申込み・お問い合わせ先
●TOA株式会社 
担当:社会貢献・メセナ担当 吉村真也
〒650-8015 神戸市中央区港島中町7-2-1
TEL:078-303-5631 FAX:078-303-5633 e-mail:yoshimura_shinya@toa.co.jp

【プロフィール】
HANA★JOSS (はな じょす/ROFIT IBRAHIM・佐々木宏実)
2002年11月にインドネシアジョグジャカルタで結成されたガムランユニット。ジャワ島中部のガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ガムランの新曲製作、また他ジャンル楽器とのコラボレーションなど出会いを求めて笑いや感動を模索しながら2005年より京都を拠点に活動中。

UOO MOO (うー むー/夏秋文彦・中北裕子)
1999年に結成。カリンバ、ディジュリドゥー、ジャンベ、ウドゥドラム、口琴、鍵盤ハーモニカ等、数々の楽器を操りその独特な"リズム"、"メロディー"、そして"倍音"の絡み合う国籍不明音楽世界をクリエイト。
"地球の音を丸ごとこねてころがして"をキャッチフレーズに多種多様のエッセンスを取り入れ新しい音楽をつくり出している。
[PR]
# by kodomodeai-k | 2007-05-16 14:58 | お知らせ

研究会のご案内

「子どもとアーティストの出会い」が参加する研究会のお知らせです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
アートNPOリンク 第3回井戸端会議 
     「アート×教育 ~英国・学校教育でアートが大活躍!」
 ■□■詳細情報は、アートNPOリンクHPでもご確認いただけます■□■
          http://arts-npo.org/idobata_3.html
────────────────────────────────────
アーティストが学校を訪れ子どもたちと触れあい、交流するアート・ワークショ
ップ・プログラムは、日本のみならず世界的に広がっています。
なかでもとりわけ先駆的な活動をおこなっているのが英国。英国で活動している
『クリエイティブ・パートナーシップ』の活動を紹介します。また、英国の事例
を伺うだけでなく、ここ関西地域で同じような活動をしている『子どもとアーテ
ィストの出会い』の取り組みをケーススタディに、今後この事業を継続・発展さ
せるために必要なことについて来場者も交えて意見交換をおこないます。
とくに、活動の評価の仕方や教員や保護者への説明・紹介の仕方、プレゼンテー
ションの説明方法などについて、英国の先駆的事例に学びます。
────────────────────────────────────
日  時:2007年1月31日(水) 17:00~18:30(16:45集合)
会  場:京都教育大学附属桃山小学校
ゲスト : スティーブ・モフィット氏
     (クリエイティブ・パートナーシップ、ディレクター/英国)
料  金:無料
定  員:20名(要事前申込)参加方法 事前にお申込みの上ご参加ください。
申込方法: 下記申込み先にメールまたはファックスにてお申込み。
     [記入事項]1) お名前(ふりがな)
           2)電話番号、メールアドレス
           3)ご所属(学生の場合は、大学名と専攻を記載)
           4)職業(学生の場合は、学生と記載)
     [申込み先]NPO法人アートNPOリンク
           forum@arts-npo.org
           TEL/FAX 075-231-8607

※小学校内での開催のため当日の参加はできません。 必ずご予約ください。
 遅刻した場合はセキュリティの関係上、お入り頂けない場合があります。
────────────────────────────────────
クリエイティブ・パートナーシップ(英国):
2002年4月に英国文化・メディア・スポーツ省と教育技能省が80億円の予算で
創設したクリエイティブ・パートナーシップ。その後200億円が追加出資され、
現在では36カ所の地域オフィスが、学校やアーティスト、芸術機関と連携して、
創造的な教育活動を展開。

子どもとアーティストの出会い:
2004年4月、京都で発足。アートによって豊かな教育環境をつくりだすことを目
的に、小中学校や児童館など子どものいる現場にアーティストを派遣し、ワーク
ショップによる教育活動を展開している。小中学校等の授業におけるアーティス
トのワークショップのコーディネート、アーティストによる子ども向けワークシ
ョップの企画・制作、教育とアートの関わりを考えるための研究会などを行う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:NPO法人アートNPOリンク
共催:ブリティッシュ・カウンシル
協力:子どもとアーティストの出会い、京都教育大学附属桃山小学校
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
[PR]
# by kodomodeai-k | 2007-01-25 12:03 | お知らせ
トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007
「なぜ、いまアートなの?―アートの力、アートの社会的価値を考える―」参加企画
------------------------------------------------------------
いま、教育現場に必要なアートとは?
アーティスト・イン・スクールのこれまでとこれから

------------------------------------------------------------
※トヨタ・子どもとアーティストの出会い関連企画

日時: 2007年3月3日(土)11:30~13:00
会場: トヨタ自動車東京本社ビル(東京都文京区後楽1-4-18)

めまぐるしく変わる社会に対応した授業を行うため、教育現場ではさまざまな新しい取り組みが行われています。そのなかに、アーティストが小・中学校等に出かけていって、子どもたちや先生とともに活動する事業(アーティスト・イン・スクール)があります。アートを授業に取り入れることは、子どもたちの個性を引き出し(自己表現力を高める)、多様性を受入れ(他者理解の促進)、コミュニケーション能力を高めることに効果があると教育関係者の注目を集めています。今回は、各地域における教育状況と対照させながら各団体が取り組んできたアーティスト・イン・スクールの活動を報告し、それぞれの地域において「教育現場や子どもたちが抱える課題にアート(アーティスト)がどのような役割を果たしてきたのか」を考えます。さらに、今後大きな変化が予測される学校教育にアートが果たしていく役割について、文化・芸術と教育の両面から考え、またそれらを実現していくために必要なもの(インフラや情報、ネットワーク、システム等)について意見交換を行います。

■パネリスト
漆 崇博(NPO法人S-AIRアーティスト・イン・スクール担当)
大澤 寅雄 (NPO法人STスポット横浜 事務局長)
古賀 弥生 (アートサポートふくおか代表)
坪井 香保里 (NPO法人芸術家と子どもたち事務局長)
平良 亜弥 (NPO法人前島アートセンター トヨタ・子どもとアーティストの出会いin沖縄担当)
秋田 喜代美 (東京大学大学院教育学研究科教授)
■司会
井手上 春香 (子どもとアーティストの出会い 代表)

■企画・運営:子どもとアーティストの出会い
参加費:1000円(フォーラム全体参加費】
フォーラム全体プログラムの内容等は公式サイトをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007
「なぜ、いまアートなの?―アートの力、アートの社会的価値を考える―」
日 時:2007年3月3日(土) 10:30~18:30 (10:00開場) 
会 場:トヨタ自動車東京本社ビル(東京都文京区後楽1-4-18)
主 催:トヨタ自動車株式会社
協 力:社団法人企業メセナ協議会、SETENV
運 営:トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007実行委員会、ネットTAM運営事務局
参加費:1000円  ※交流会費別途                 
定 員:250名(2/20[火]申込み締切。応募多数の場合は抽選)
プログラム:
第1部 オープニングセッション(10:30~11:15)
第2部 分科会(3セッション同時並行開催)(A・B・C11:30~13:00/D・E・F14:00~15:30)
第3部 総合セッション(16:00~18:00)
クロージング(18:10~18:30)
交流会 (18:30~20:00)

▼申し込み方法
詳細はフォーラム公式サイトをご覧ください。

▼お問合せ先
* トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007について
ネットTAM運営事務局 (社)企業メセナ協議会内 TEL:03-3213-3397
E-mail:kmk@mecenat.or.jp 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2 第一鉄鋼ビル1階

*本セッションについて
子どもとアーティストの出会い
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3F
TEL:090-6731-8598、FAX:075-231-8607
e-mail:idegami@arts-staff.net
[PR]
# by kodomodeai-k | 2007-01-22 22:47 | イベント案内
d0044853_18304344.jpg

************************************************

ダンスで、理科を学ぼう 研究会   
ダンスで理科が好きになる!
―教科学習とワークショップで伸ばす、学力と表現力―

************************************************

今日、子どもたちの学力低下、特に理科離れが深刻な問題になっています。
「ダンスで、理科を学ぼう」は小学校理科の授業にダンスのワークショップを取り入れることで、
理科学習への関心を高めて学力を向上させるとともに、
表現力とコミュニケーション能力を育てることを目指した新たな授業方法です。
2006年度は京都府宇治市、埼玉県狭山市の2校の小学校で授業が行われています。
本研究会では授業の実践報告を交えて「ダンスで、理科を学ぼう」を理科教材として
活用していくために必要な授業の評価方法、教員とアーティストとの協力体制づくり、
題材の取り上げ方について、実践者とアーティスト・研究者らとともに考えていきます。

小学校理科の新たな授業を探りたい方、アートを活用した教育方法に関心をお持ちの
方の積極的なご参加をお待ちしております。

●日時:2006年8月2日(水)13:00~16:30           
●会場:京都芸術センター フリースペース
●対象:教員、教育関係者、アーティスト、アートを活用した教育方法に関心を持つ方など
●定員:30名(定員になり次第締め切り)
●料金:無料(要事前申込み)

●プログラム
12:30 受付開始
13:00~13:15 「ダンスで、理科を学ぼう」趣旨説明
13:15~14:15 実践授業報告
            京都府宇治市立平盛小学校
報告者:糸井登(宇治市立平盛小学校教諭)
北村成美 (コンテンポラリーダンサー/振付家)
埼玉県狭山市立堀兼小学校
報告者:岩瀬直樹 (埼玉県狭山市立堀兼小学校教諭)
勝部ちこ(ダンス・インプロバイザー/C.I.co.代表)
コメンテーター:藤川大祐(千葉大学教育学部助教授)
小暮宣雄(京都橘大学文化政策学部教授)
      内容:理科学習にダンスを取り入れる授業が京都府と埼玉県の小学校で
                実施されています。
どのようにして授業がつくられていったのか、その過程と成果を
授業の映像を交えて実践者が報告します。
14:15~14:30 休憩
14:30~15:30 体験ワークショップ
        講師:北村成美(コンテンポラリーダンサー/振付家)
        内容:小学校で実際に行われた「ダンスで、理科を学ぼう」の授業を参加者の
            皆様に体験して頂きます。
15:30~15:45 休憩
15:45~16:30 意見交換会
           ファシリテーター:井手上春香(子どもとアーティストの出会い 代表)
             内容:授業を実践する際の課題、評価方法、今後の展開方法について、
フリーディスカッションを行います。また、学校教育現場で
                  今後継続して行っていくための問題点、改善点などを
                  話し合います。

●申込方法・申込先
メールまたはFAXに、お名前、ご所属、住所、電話番号、FAX番号またはe-mailアドレスを
明記の上、7月28日(金)までに下記へお申込みください。当日参加可能

申込先:子どもとアーティストの出会い 担当:井手上
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
FAX:075-231-8607/e-mail:idegami@arts-staff.net /TEL:090-6731-8598

主催:子どもとアーティストの出会い 共催:京都芸術センター 
協力:NPO法人芸術家と子どもたち、宇治市立平盛小学校、埼玉県狭山市立掘兼小学校 
協賛:アサヒビール株式会社、トヨタ自動車株式会社、松下電器産業株式会社 
後援:宇治市教育委員会、京都市教育委員会
[PR]
# by kodomodeai-k | 2006-07-17 18:31 | お知らせ

事務所日記

「子どもとアーティストの出会い」代表、井手上のブログをスタートしました。

『子ども、アート、日々。』

「子どもとアーティストの出会い」の仕事の日常、アート周辺の情報、
個人的な日々の出来事を掲載しています。
[PR]
# by kodomodeai-k | 2006-07-10 17:55 | 事務所日記
TOA Music Workshop 2006 
~ぼくを鳴らそう、わたしを聴こう~
d0044853_172803.jpg

昨年度に引き続き、2回の開催となる「TOA Music Workshop」。
今回はチューバ奏者の高岡大祐が「音を出すこと」と「音を聴くこと」をテーマとしたワークショップを開催します。ひとりひとりの音楽的感性を引き出しながら声や楽器によって音をつくり、全員でその響きを感じとることで、「音楽を奏でる楽しさ・聴く楽しさ」を学びます。さまざまな角度から音楽にアプローチする音楽家と子どもたちがつくりだす、新しい音にご期待ください。
皆様のご参加、お待ちしております !
**************************************
「ワークショップA」と「ワークショップB」の2つのプログラムがあります。
学校側のご要望により、どちらか一方を選択してご参加いただけます。
※ジーベックホールでのワークショップについては、他校の教員や音楽関係者が見学可能な、公開ワークショップとさせて頂きます。

■ワークショップA
~1回完結型プログラム~

1回完結型のワークショップ・プログラムです。自分の声や楽器をつかって自由に音をつくりだすことや、音をじっくり聴くことを学びます。また、子どもたちと音楽家による「即興ライブパフォーマンス」に挑戦します。

参加人数:各回200名程度
日   程:2006年9月~2007年3月までの期間で、調整の上確定
時   間:2時間程度
募集校:2校
 ※人数によっては、複数同時開催も可
 ※来場可能であれば、学校所在地は問わず
会  場:ジーベックホール

■ワークショップB
~連続受講型プログラム~

ワークショップAより、より内容を深く体験していただけるプログラムです。学校にアーティストが出向いてのワークショップ(1回、2時間)と、ジーベックホールでのワークショップを組み合わせたプログラムです。
 
参加人数:各回200名程度
日   程:2006年9月~2007年3月までの期間で、調整の上確定
時   間:1シリーズ(1回2時間×2回=計4時間)
募集校:1校※関西地方の学校に限る
会  場:参加校校内施設 1回、ジーベックホール 1回

【プロフィール】

高岡大祐 (チューバ奏者 即興演奏家)
1973年大阪生。
大学卒業までアカデミックな音楽教育を受けるも在学中からJAZZなどに傾倒し、後に即興演奏の道に入る。商業音楽の世界を経て現在では個人的な音楽活動に専念し、98年から東京で活動する音楽集団「渋さ知らズ」に参加、2000年より5度の世界ツアーに参加し15ヶ国以上のフェスティバルなどに出演。国内外のロックフェスティバルなどにも多数出演。通常はクラシック音楽などの世界で低音を支える用途である金管楽器チューバを物理的に見直して様々な音を出すべく演奏法の開発を行い、演奏のフィールドを拡張し、音楽を場所/背景にとらわれない自由な表現の一つとして模索する。常時10前後のバンド/プロジェクトに参加・主催し、年間200超のライブを行う旅行演奏家。

【申込方法】

参加を希望するワークショップの種類、学校名、学年、参加人数、希望時期(第2希望まで)、学校住所、電話番号、FAX番号、担当者名をご記入の上、FAXまたはEメールにて下記までお申込みください。申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。実施日程はご参加頂けることが決定した段階で、調整の上確定させて頂きます。

【申込締切】2006年5月31日(水)※お申込みは締め切りました
【申込み・お問い合わせ先】
子どもとアーティストの出会い 担当:イデガミ
FAX:075-231-8607 Eメール:idegami@arts-staff.net 
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
Tel. 090-6731-8598 Fax.075-231-8607 e-mail:idegami@arts-staff.net

主催:TOA株式会社
企画・制作:子どもとアーティストの出会い
株式会社ジーベック
後援:神戸新聞社、兵庫県教育委員会(予定)、神戸市教育委員会(予定)
[PR]
# by kodomodeai-k | 2006-05-15 17:34 | お知らせ