京都を拠点としたNPOです。学校等教育現場でアーティストと子どもがワークショップを行う活動のコーディネートを行っています。


by kodomodeai-k

<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

研究会のご案内

「子どもとアーティストの出会い」が参加する研究会のお知らせです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
アートNPOリンク 第3回井戸端会議 
     「アート×教育 ~英国・学校教育でアートが大活躍!」
 ■□■詳細情報は、アートNPOリンクHPでもご確認いただけます■□■
          http://arts-npo.org/idobata_3.html
────────────────────────────────────
アーティストが学校を訪れ子どもたちと触れあい、交流するアート・ワークショ
ップ・プログラムは、日本のみならず世界的に広がっています。
なかでもとりわけ先駆的な活動をおこなっているのが英国。英国で活動している
『クリエイティブ・パートナーシップ』の活動を紹介します。また、英国の事例
を伺うだけでなく、ここ関西地域で同じような活動をしている『子どもとアーテ
ィストの出会い』の取り組みをケーススタディに、今後この事業を継続・発展さ
せるために必要なことについて来場者も交えて意見交換をおこないます。
とくに、活動の評価の仕方や教員や保護者への説明・紹介の仕方、プレゼンテー
ションの説明方法などについて、英国の先駆的事例に学びます。
────────────────────────────────────
日  時:2007年1月31日(水) 17:00~18:30(16:45集合)
会  場:京都教育大学附属桃山小学校
ゲスト : スティーブ・モフィット氏
     (クリエイティブ・パートナーシップ、ディレクター/英国)
料  金:無料
定  員:20名(要事前申込)参加方法 事前にお申込みの上ご参加ください。
申込方法: 下記申込み先にメールまたはファックスにてお申込み。
     [記入事項]1) お名前(ふりがな)
           2)電話番号、メールアドレス
           3)ご所属(学生の場合は、大学名と専攻を記載)
           4)職業(学生の場合は、学生と記載)
     [申込み先]NPO法人アートNPOリンク
           forum@arts-npo.org
           TEL/FAX 075-231-8607

※小学校内での開催のため当日の参加はできません。 必ずご予約ください。
 遅刻した場合はセキュリティの関係上、お入り頂けない場合があります。
────────────────────────────────────
クリエイティブ・パートナーシップ(英国):
2002年4月に英国文化・メディア・スポーツ省と教育技能省が80億円の予算で
創設したクリエイティブ・パートナーシップ。その後200億円が追加出資され、
現在では36カ所の地域オフィスが、学校やアーティスト、芸術機関と連携して、
創造的な教育活動を展開。

子どもとアーティストの出会い:
2004年4月、京都で発足。アートによって豊かな教育環境をつくりだすことを目
的に、小中学校や児童館など子どものいる現場にアーティストを派遣し、ワーク
ショップによる教育活動を展開している。小中学校等の授業におけるアーティス
トのワークショップのコーディネート、アーティストによる子ども向けワークシ
ョップの企画・制作、教育とアートの関わりを考えるための研究会などを行う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:NPO法人アートNPOリンク
共催:ブリティッシュ・カウンシル
協力:子どもとアーティストの出会い、京都教育大学附属桃山小学校
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
[PR]
by kodomodeai-k | 2007-01-25 12:03 | お知らせ
トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007
「なぜ、いまアートなの?―アートの力、アートの社会的価値を考える―」参加企画
------------------------------------------------------------
いま、教育現場に必要なアートとは?
アーティスト・イン・スクールのこれまでとこれから

------------------------------------------------------------
※トヨタ・子どもとアーティストの出会い関連企画

日時: 2007年3月3日(土)11:30~13:00
会場: トヨタ自動車東京本社ビル(東京都文京区後楽1-4-18)

めまぐるしく変わる社会に対応した授業を行うため、教育現場ではさまざまな新しい取り組みが行われています。そのなかに、アーティストが小・中学校等に出かけていって、子どもたちや先生とともに活動する事業(アーティスト・イン・スクール)があります。アートを授業に取り入れることは、子どもたちの個性を引き出し(自己表現力を高める)、多様性を受入れ(他者理解の促進)、コミュニケーション能力を高めることに効果があると教育関係者の注目を集めています。今回は、各地域における教育状況と対照させながら各団体が取り組んできたアーティスト・イン・スクールの活動を報告し、それぞれの地域において「教育現場や子どもたちが抱える課題にアート(アーティスト)がどのような役割を果たしてきたのか」を考えます。さらに、今後大きな変化が予測される学校教育にアートが果たしていく役割について、文化・芸術と教育の両面から考え、またそれらを実現していくために必要なもの(インフラや情報、ネットワーク、システム等)について意見交換を行います。

■パネリスト
漆 崇博(NPO法人S-AIRアーティスト・イン・スクール担当)
大澤 寅雄 (NPO法人STスポット横浜 事務局長)
古賀 弥生 (アートサポートふくおか代表)
坪井 香保里 (NPO法人芸術家と子どもたち事務局長)
平良 亜弥 (NPO法人前島アートセンター トヨタ・子どもとアーティストの出会いin沖縄担当)
秋田 喜代美 (東京大学大学院教育学研究科教授)
■司会
井手上 春香 (子どもとアーティストの出会い 代表)

■企画・運営:子どもとアーティストの出会い
参加費:1000円(フォーラム全体参加費】
フォーラム全体プログラムの内容等は公式サイトをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007
「なぜ、いまアートなの?―アートの力、アートの社会的価値を考える―」
日 時:2007年3月3日(土) 10:30~18:30 (10:00開場) 
会 場:トヨタ自動車東京本社ビル(東京都文京区後楽1-4-18)
主 催:トヨタ自動車株式会社
協 力:社団法人企業メセナ協議会、SETENV
運 営:トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007実行委員会、ネットTAM運営事務局
参加費:1000円  ※交流会費別途                 
定 員:250名(2/20[火]申込み締切。応募多数の場合は抽選)
プログラム:
第1部 オープニングセッション(10:30~11:15)
第2部 分科会(3セッション同時並行開催)(A・B・C11:30~13:00/D・E・F14:00~15:30)
第3部 総合セッション(16:00~18:00)
クロージング(18:10~18:30)
交流会 (18:30~20:00)

▼申し込み方法
詳細はフォーラム公式サイトをご覧ください。

▼お問合せ先
* トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007について
ネットTAM運営事務局 (社)企業メセナ協議会内 TEL:03-3213-3397
E-mail:kmk@mecenat.or.jp 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2 第一鉄鋼ビル1階

*本セッションについて
子どもとアーティストの出会い
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3F
TEL:090-6731-8598、FAX:075-231-8607
e-mail:idegami@arts-staff.net
[PR]
by kodomodeai-k | 2007-01-22 22:47 | イベント案内