京都を拠点としたNPOです。学校等教育現場でアーティストと子どもがワークショップを行う活動のコーディネートを行っています。


by kodomodeai-k

カテゴリ:お知らせ( 18 )

最新情報



■団体概要

■お問合せ先

■事務局日記

■最新のイベント案内
ウェブサイトオープンのお知らせ
NPO法人の認証がおりました
トヨタ・子どもとアーティストの出会い 2007年度の活動記録集ができました
[PR]
by kodomodeai-k | 2009-08-15 21:45 | お知らせ
NPO法人子どもとアーティストの出会いのウェブサイトをオープンいたしました。
みなさま、ぜひご覧ください。

アドレスはこちら
http://www.npo-kad.com

今後、更新情報はこちらに掲載いたします。

どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by kodomodeai-k | 2008-09-01 10:00 | お知らせ

ラジオ出演のご案内

2008年8月11日(月)朝7:15頃~15分程度、
KBSラジオ京都の情報ワイド番組「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に、
井手上が電話で生出演します。

12日、13日に開催される「Dance Life Festival2008シンポジウムⅡin京都」の
内容紹介を主に、コミュニティダンスについてお話します。
朝早いですが、関西の方はぜひ聞いてみてくださいね。
[PR]
by kodomodeai-k | 2008-08-10 19:19 | お知らせ
5月8日付けで提出しておりましたNPO法人認証申請について、
本日7月30日、正式に京都府より認証がおりました。

予定より1ヶ月以上も早い認証となり、
驚くとともに嬉しさでいっぱいです。

今後は、「NPO法人子どもとアーティストの出会い」として活動して参ります。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

NPO法人子どもとアーティストの出会い
理事長 井手上春香
[PR]
by kodomodeai-k | 2008-07-30 11:53 | お知らせ
当団体が全国事務局をつとめる、
「トヨタ・子どもとアーティストの出会い」の2007年度版の活動記録集ができました。
2004年~2007年度に札幌・群馬・愛知・京都・大分・沖縄で行われた
アーティスト・イン・スクールの活動がレポートされています。
ご希望の方は、下記までお問合せください。

〒604-8222
京都市中京区観音堂町466みやこ3階
電話:090-6731-8598(いでがみ)
FAX:075-231-8607
e-mail:idegami@arts-staff.net
[PR]
by kodomodeai-k | 2008-05-15 22:04 | お知らせ
子どもとアーティストの出会いは、4月29日に
特定非営利活動法人子どもとアーティストの出会い設立総会を開き、
定款・役員・設立年度の事業計画等、すべての案件が可決されましたので、
本日、京都府に特定非営利活動法人認証申請の書類を一式提出いたしました。
約4ヶ月間の審査を経て、問題がなければ
2008年9月に特定非営利活動法人子どもとアーティストの出会いとして、認証がおります。

特定非営利活動法人として、これまで以上に
子どもたちのため、アートのために貢献していきたいと考えておりますので、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kodomodeai-k | 2008-05-08 21:30 | お知らせ

ラジオ出演のご案内

KBSラジオ京都の情報ワイド番組「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」
朝7:15~の「NISSANビジネスサポートトピックス」に
代表の井手上が電話で生出演させて頂きました。
放送日:2007年11月19日 7:15~約20分間

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ
[PR]
by kodomodeai-k | 2007-11-19 19:26 | お知らせ
子どもとアーティストの出会いとTOA株式会社は協働で、小中学生を対象とした無料音楽ワークショップ「TOA Music Workshop2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~」を開催いたします。

TOA株式会社では「小中学生のための世界の民族楽器シリーズ」(1999~2004年)や中学生を対象とした体験活動週間「トライやる・ウィーク」の受入れプログラム(1998年~継続中)など、プロの音楽家と子どもたちが出会い、音楽体験をするワークショプ・プログラムを行ってきました。これらの経験をベースに、2005年から「TOA Music Workshop」シリーズを新たに展開しています。2005年度は「リズム」と「身体表現」をテーマに、2006年度は、音楽の本質をみつめなおすことを目的に、「音を出すこと」と「音を聴くこと」をテーマとし、2年間で計758名の小中学生の皆様にご参加頂きました。

また、2007年3月に「TOA 音楽と教育の意識調査(*)」を行いました。意識調査は主に保護者を対象とし、1)保護者から見た子どもの音楽への接し方、2)保護者から見た学校の音楽教育、3)教育に対する企業の支援、の3分野について実施しました。その結果、1)では音楽は好きだが関わり方が受身である子どもたち、2)では学校の音楽教育で「音楽を好きになること」が最も期待されていること、3)では8割の保護者が企業の学校教育への支援に期待していることが判明しました。
(*)
【調査概要】
名称 : TOA音楽と教育の意識調査
対象 : 全国の男女 有効回答数636名  (男性227名、女性409名)
方法 : WEB調査
期間 : 2007年3月13日~3月19日

これらの調査結果を踏まえ、2007年度は子どもたちが主体的に音楽にかかわり、音楽の楽しさを知ることを目的に、「TOA Music Workshop2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~」を企画いたしました。ジャワガムランやアジア・アフリカの民族音楽など、多様な音楽に触れることでひとりひとりの音楽的感性を引きだし、「音楽に触れる喜び、音楽で表現する楽しさ」を学ぶ機会となればと存じます。みなさまのご応募、お待ちしております!

TOA Music Workshop 2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~
新しい自分、発見。
無料ワークショップ参加校募集!
ひとりひとり違うリズム。ひとりひとり違う表現。
まったく違う個性をもった子どもたち、他の人とは違ってあたりまえ。
子どもたち100人には、100通りの音楽があります。

勇気をだして自由に表現すれば、子どもたちの音楽は、こんなにも素晴らしい。
それは今まで、子どもたち自身も知らなかったこと。
音楽を通じて、新しい自分自身にきっと出会える。

2005年度は「リズム」と「身体表現」テーマに、2006年度は「音を出すこと」と「音を聴くこと」をテーマとして開催。2007年度は、「心を開いて音楽に向きあうこと」「音楽を通して自分を表現すること」をテーマとします。
ジャワガムランやアジア・アフリカの民族楽器など、多様な音楽に触れることでひとりひとりの音楽的感性を引き出し、「音楽に触れる喜び、音楽で表現する楽しさ」を学びます。
さまざまな角度から音楽にアプローチする音楽家と子どもたちがつくりだす、新しい音にご期待ください。

●実施期間  2007年9月~2008年3月(詳細日程は、参加校との調整による)
●実施場所  ジーベックホール(神戸市中央区港島中町7-2-1)
●対象    小学校中学年~中学生
●参加費   無料(但し、来場にかかる交通費などは、参加者負担)
●募集校    3校を公募
●アーティスト HANA★JOSS (ジャワガムランユニット)、UOO MOO(民族音楽ユニット)(調整中)
●運営形態   主催:TOA株式会社 
          企画・制作:子どもとアーティストの出会い、株式会社ジーベック
          後援:神戸新聞社、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会(すべて予定)
●内容
ワークショップの前半では、リラックスした空間でジャワガムランを中心とした音楽の世界に触れます。後半は、ガムランやアジア・アフリカの民族楽器を中心とした音楽に全員が参加し、子どもたちと音楽家による「即興ライブパフォーマンス」に挑戦します。このワークショップでは、子どもたちが主体的に音楽に参加し、今まで知らなかった自分自身の表現力に気付くことを目的とします。
※他校の教員や音楽関係者が見学可能な、公開ワークショップとさせて頂きます。

参加人数:各回100~200名程度
日   程:2007年9月~2008年3月までの期間で、調整の上確定
時   間:2時間程度
募集校:3校
 ※人数によっては、複数同時開催も可
 ※来場可能であれば、学校所在地は問わず
会  場:ジーベックホール

申込方法 2007年度のお申込みは、終了いたしました
※お申込みご希望の方は必要事項(学校名、学年、参加人数、希望時期、学校住所、担当者名、電話、FAX、e-mail)をご記入の上、郵送・FAXまたはe-mailにてお申込みください。申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。
※希望時期は目安の日程を第2希望までご記入ください。ご参加頂けることが決定した段階で、調整の上確定させて頂きます。

申込締切 2007年5月31日(木)

お申込み・お問い合わせ先
●TOA株式会社 
担当:社会貢献・メセナ担当 吉村真也
〒650-8015 神戸市中央区港島中町7-2-1
TEL:078-303-5631 FAX:078-303-5633 e-mail:yoshimura_shinya@toa.co.jp

【プロフィール】
HANA★JOSS (はな じょす/ROFIT IBRAHIM・佐々木宏実)
2002年11月にインドネシアジョグジャカルタで結成されたガムランユニット。ジャワ島中部のガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ガムランの新曲製作、また他ジャンル楽器とのコラボレーションなど出会いを求めて笑いや感動を模索しながら2005年より京都を拠点に活動中。

UOO MOO (うー むー/夏秋文彦・中北裕子)
1999年に結成。カリンバ、ディジュリドゥー、ジャンベ、ウドゥドラム、口琴、鍵盤ハーモニカ等、数々の楽器を操りその独特な"リズム"、"メロディー"、そして"倍音"の絡み合う国籍不明音楽世界をクリエイト。
"地球の音を丸ごとこねてころがして"をキャッチフレーズに多種多様のエッセンスを取り入れ新しい音楽をつくり出している。
[PR]
by kodomodeai-k | 2007-05-16 14:58 | お知らせ

研究会のご案内

「子どもとアーティストの出会い」が参加する研究会のお知らせです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
アートNPOリンク 第3回井戸端会議 
     「アート×教育 ~英国・学校教育でアートが大活躍!」
 ■□■詳細情報は、アートNPOリンクHPでもご確認いただけます■□■
          http://arts-npo.org/idobata_3.html
────────────────────────────────────
アーティストが学校を訪れ子どもたちと触れあい、交流するアート・ワークショ
ップ・プログラムは、日本のみならず世界的に広がっています。
なかでもとりわけ先駆的な活動をおこなっているのが英国。英国で活動している
『クリエイティブ・パートナーシップ』の活動を紹介します。また、英国の事例
を伺うだけでなく、ここ関西地域で同じような活動をしている『子どもとアーテ
ィストの出会い』の取り組みをケーススタディに、今後この事業を継続・発展さ
せるために必要なことについて来場者も交えて意見交換をおこないます。
とくに、活動の評価の仕方や教員や保護者への説明・紹介の仕方、プレゼンテー
ションの説明方法などについて、英国の先駆的事例に学びます。
────────────────────────────────────
日  時:2007年1月31日(水) 17:00~18:30(16:45集合)
会  場:京都教育大学附属桃山小学校
ゲスト : スティーブ・モフィット氏
     (クリエイティブ・パートナーシップ、ディレクター/英国)
料  金:無料
定  員:20名(要事前申込)参加方法 事前にお申込みの上ご参加ください。
申込方法: 下記申込み先にメールまたはファックスにてお申込み。
     [記入事項]1) お名前(ふりがな)
           2)電話番号、メールアドレス
           3)ご所属(学生の場合は、大学名と専攻を記載)
           4)職業(学生の場合は、学生と記載)
     [申込み先]NPO法人アートNPOリンク
           forum@arts-npo.org
           TEL/FAX 075-231-8607

※小学校内での開催のため当日の参加はできません。 必ずご予約ください。
 遅刻した場合はセキュリティの関係上、お入り頂けない場合があります。
────────────────────────────────────
クリエイティブ・パートナーシップ(英国):
2002年4月に英国文化・メディア・スポーツ省と教育技能省が80億円の予算で
創設したクリエイティブ・パートナーシップ。その後200億円が追加出資され、
現在では36カ所の地域オフィスが、学校やアーティスト、芸術機関と連携して、
創造的な教育活動を展開。

子どもとアーティストの出会い:
2004年4月、京都で発足。アートによって豊かな教育環境をつくりだすことを目
的に、小中学校や児童館など子どものいる現場にアーティストを派遣し、ワーク
ショップによる教育活動を展開している。小中学校等の授業におけるアーティス
トのワークショップのコーディネート、アーティストによる子ども向けワークシ
ョップの企画・制作、教育とアートの関わりを考えるための研究会などを行う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:NPO法人アートNPOリンク
共催:ブリティッシュ・カウンシル
協力:子どもとアーティストの出会い、京都教育大学附属桃山小学校
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
[PR]
by kodomodeai-k | 2007-01-25 12:03 | お知らせ
d0044853_18304344.jpg

************************************************

ダンスで、理科を学ぼう 研究会   
ダンスで理科が好きになる!
―教科学習とワークショップで伸ばす、学力と表現力―

************************************************

今日、子どもたちの学力低下、特に理科離れが深刻な問題になっています。
「ダンスで、理科を学ぼう」は小学校理科の授業にダンスのワークショップを取り入れることで、
理科学習への関心を高めて学力を向上させるとともに、
表現力とコミュニケーション能力を育てることを目指した新たな授業方法です。
2006年度は京都府宇治市、埼玉県狭山市の2校の小学校で授業が行われています。
本研究会では授業の実践報告を交えて「ダンスで、理科を学ぼう」を理科教材として
活用していくために必要な授業の評価方法、教員とアーティストとの協力体制づくり、
題材の取り上げ方について、実践者とアーティスト・研究者らとともに考えていきます。

小学校理科の新たな授業を探りたい方、アートを活用した教育方法に関心をお持ちの
方の積極的なご参加をお待ちしております。

●日時:2006年8月2日(水)13:00~16:30           
●会場:京都芸術センター フリースペース
●対象:教員、教育関係者、アーティスト、アートを活用した教育方法に関心を持つ方など
●定員:30名(定員になり次第締め切り)
●料金:無料(要事前申込み)

●プログラム
12:30 受付開始
13:00~13:15 「ダンスで、理科を学ぼう」趣旨説明
13:15~14:15 実践授業報告
            京都府宇治市立平盛小学校
報告者:糸井登(宇治市立平盛小学校教諭)
北村成美 (コンテンポラリーダンサー/振付家)
埼玉県狭山市立堀兼小学校
報告者:岩瀬直樹 (埼玉県狭山市立堀兼小学校教諭)
勝部ちこ(ダンス・インプロバイザー/C.I.co.代表)
コメンテーター:藤川大祐(千葉大学教育学部助教授)
小暮宣雄(京都橘大学文化政策学部教授)
      内容:理科学習にダンスを取り入れる授業が京都府と埼玉県の小学校で
                実施されています。
どのようにして授業がつくられていったのか、その過程と成果を
授業の映像を交えて実践者が報告します。
14:15~14:30 休憩
14:30~15:30 体験ワークショップ
        講師:北村成美(コンテンポラリーダンサー/振付家)
        内容:小学校で実際に行われた「ダンスで、理科を学ぼう」の授業を参加者の
            皆様に体験して頂きます。
15:30~15:45 休憩
15:45~16:30 意見交換会
           ファシリテーター:井手上春香(子どもとアーティストの出会い 代表)
             内容:授業を実践する際の課題、評価方法、今後の展開方法について、
フリーディスカッションを行います。また、学校教育現場で
                  今後継続して行っていくための問題点、改善点などを
                  話し合います。

●申込方法・申込先
メールまたはFAXに、お名前、ご所属、住所、電話番号、FAX番号またはe-mailアドレスを
明記の上、7月28日(金)までに下記へお申込みください。当日参加可能

申込先:子どもとアーティストの出会い 担当:井手上
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
FAX:075-231-8607/e-mail:idegami@arts-staff.net /TEL:090-6731-8598

主催:子どもとアーティストの出会い 共催:京都芸術センター 
協力:NPO法人芸術家と子どもたち、宇治市立平盛小学校、埼玉県狭山市立掘兼小学校 
協賛:アサヒビール株式会社、トヨタ自動車株式会社、松下電器産業株式会社 
後援:宇治市教育委員会、京都市教育委員会
[PR]
by kodomodeai-k | 2006-07-17 18:31 | お知らせ