京都を拠点としたNPOです。学校等教育現場でアーティストと子どもがワークショップを行う活動のコーディネートを行っています。


by kodomodeai-k

「ダンスで、理科が好きになる!」研究会開催のお知らせ

d0044853_18304344.jpg

************************************************

ダンスで、理科を学ぼう 研究会   
ダンスで理科が好きになる!
―教科学習とワークショップで伸ばす、学力と表現力―

************************************************

今日、子どもたちの学力低下、特に理科離れが深刻な問題になっています。
「ダンスで、理科を学ぼう」は小学校理科の授業にダンスのワークショップを取り入れることで、
理科学習への関心を高めて学力を向上させるとともに、
表現力とコミュニケーション能力を育てることを目指した新たな授業方法です。
2006年度は京都府宇治市、埼玉県狭山市の2校の小学校で授業が行われています。
本研究会では授業の実践報告を交えて「ダンスで、理科を学ぼう」を理科教材として
活用していくために必要な授業の評価方法、教員とアーティストとの協力体制づくり、
題材の取り上げ方について、実践者とアーティスト・研究者らとともに考えていきます。

小学校理科の新たな授業を探りたい方、アートを活用した教育方法に関心をお持ちの
方の積極的なご参加をお待ちしております。

●日時:2006年8月2日(水)13:00~16:30           
●会場:京都芸術センター フリースペース
●対象:教員、教育関係者、アーティスト、アートを活用した教育方法に関心を持つ方など
●定員:30名(定員になり次第締め切り)
●料金:無料(要事前申込み)

●プログラム
12:30 受付開始
13:00~13:15 「ダンスで、理科を学ぼう」趣旨説明
13:15~14:15 実践授業報告
            京都府宇治市立平盛小学校
報告者:糸井登(宇治市立平盛小学校教諭)
北村成美 (コンテンポラリーダンサー/振付家)
埼玉県狭山市立堀兼小学校
報告者:岩瀬直樹 (埼玉県狭山市立堀兼小学校教諭)
勝部ちこ(ダンス・インプロバイザー/C.I.co.代表)
コメンテーター:藤川大祐(千葉大学教育学部助教授)
小暮宣雄(京都橘大学文化政策学部教授)
      内容:理科学習にダンスを取り入れる授業が京都府と埼玉県の小学校で
                実施されています。
どのようにして授業がつくられていったのか、その過程と成果を
授業の映像を交えて実践者が報告します。
14:15~14:30 休憩
14:30~15:30 体験ワークショップ
        講師:北村成美(コンテンポラリーダンサー/振付家)
        内容:小学校で実際に行われた「ダンスで、理科を学ぼう」の授業を参加者の
            皆様に体験して頂きます。
15:30~15:45 休憩
15:45~16:30 意見交換会
           ファシリテーター:井手上春香(子どもとアーティストの出会い 代表)
             内容:授業を実践する際の課題、評価方法、今後の展開方法について、
フリーディスカッションを行います。また、学校教育現場で
                  今後継続して行っていくための問題点、改善点などを
                  話し合います。

●申込方法・申込先
メールまたはFAXに、お名前、ご所属、住所、電話番号、FAX番号またはe-mailアドレスを
明記の上、7月28日(金)までに下記へお申込みください。当日参加可能

申込先:子どもとアーティストの出会い 担当:井手上
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
FAX:075-231-8607/e-mail:idegami@arts-staff.net /TEL:090-6731-8598

主催:子どもとアーティストの出会い 共催:京都芸術センター 
協力:NPO法人芸術家と子どもたち、宇治市立平盛小学校、埼玉県狭山市立掘兼小学校 
協賛:アサヒビール株式会社、トヨタ自動車株式会社、松下電器産業株式会社 
後援:宇治市教育委員会、京都市教育委員会
[PR]
by kodomodeai-k | 2006-07-17 18:31 | お知らせ