京都を拠点としたNPOです。学校等教育現場でアーティストと子どもがワークショップを行う活動のコーディネートを行っています。


by kodomodeai-k

TOA Music Workshop 2006 参加校募集!!

TOA Music Workshop 2006 
~ぼくを鳴らそう、わたしを聴こう~
d0044853_172803.jpg

昨年度に引き続き、2回の開催となる「TOA Music Workshop」。
今回はチューバ奏者の高岡大祐が「音を出すこと」と「音を聴くこと」をテーマとしたワークショップを開催します。ひとりひとりの音楽的感性を引き出しながら声や楽器によって音をつくり、全員でその響きを感じとることで、「音楽を奏でる楽しさ・聴く楽しさ」を学びます。さまざまな角度から音楽にアプローチする音楽家と子どもたちがつくりだす、新しい音にご期待ください。
皆様のご参加、お待ちしております !
**************************************
「ワークショップA」と「ワークショップB」の2つのプログラムがあります。
学校側のご要望により、どちらか一方を選択してご参加いただけます。
※ジーベックホールでのワークショップについては、他校の教員や音楽関係者が見学可能な、公開ワークショップとさせて頂きます。

■ワークショップA
~1回完結型プログラム~

1回完結型のワークショップ・プログラムです。自分の声や楽器をつかって自由に音をつくりだすことや、音をじっくり聴くことを学びます。また、子どもたちと音楽家による「即興ライブパフォーマンス」に挑戦します。

参加人数:各回200名程度
日   程:2006年9月~2007年3月までの期間で、調整の上確定
時   間:2時間程度
募集校:2校
 ※人数によっては、複数同時開催も可
 ※来場可能であれば、学校所在地は問わず
会  場:ジーベックホール

■ワークショップB
~連続受講型プログラム~

ワークショップAより、より内容を深く体験していただけるプログラムです。学校にアーティストが出向いてのワークショップ(1回、2時間)と、ジーベックホールでのワークショップを組み合わせたプログラムです。
 
参加人数:各回200名程度
日   程:2006年9月~2007年3月までの期間で、調整の上確定
時   間:1シリーズ(1回2時間×2回=計4時間)
募集校:1校※関西地方の学校に限る
会  場:参加校校内施設 1回、ジーベックホール 1回

【プロフィール】

高岡大祐 (チューバ奏者 即興演奏家)
1973年大阪生。
大学卒業までアカデミックな音楽教育を受けるも在学中からJAZZなどに傾倒し、後に即興演奏の道に入る。商業音楽の世界を経て現在では個人的な音楽活動に専念し、98年から東京で活動する音楽集団「渋さ知らズ」に参加、2000年より5度の世界ツアーに参加し15ヶ国以上のフェスティバルなどに出演。国内外のロックフェスティバルなどにも多数出演。通常はクラシック音楽などの世界で低音を支える用途である金管楽器チューバを物理的に見直して様々な音を出すべく演奏法の開発を行い、演奏のフィールドを拡張し、音楽を場所/背景にとらわれない自由な表現の一つとして模索する。常時10前後のバンド/プロジェクトに参加・主催し、年間200超のライブを行う旅行演奏家。

【申込方法】

参加を希望するワークショップの種類、学校名、学年、参加人数、希望時期(第2希望まで)、学校住所、電話番号、FAX番号、担当者名をご記入の上、FAXまたはEメールにて下記までお申込みください。申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。実施日程はご参加頂けることが決定した段階で、調整の上確定させて頂きます。

【申込締切】2006年5月31日(水)※お申込みは締め切りました
【申込み・お問い合わせ先】
子どもとアーティストの出会い 担当:イデガミ
FAX:075-231-8607 Eメール:idegami@arts-staff.net 
〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
Tel. 090-6731-8598 Fax.075-231-8607 e-mail:idegami@arts-staff.net

主催:TOA株式会社
企画・制作:子どもとアーティストの出会い
株式会社ジーベック
後援:神戸新聞社、兵庫県教育委員会(予定)、神戸市教育委員会(予定)
[PR]
by kodomodeai-k | 2006-05-15 17:34 | お知らせ