京都を拠点としたNPOです。学校等教育現場でアーティストと子どもがワークショップを行う活動のコーディネートを行っています。


by kodomodeai-k

アメリア・アレナス アート鑑賞ワークショップ 「みる」を通じて考える

アメリア・アレナス アート鑑賞ワークショップ
「みる」を通じて考える


アートを鑑賞することによって子どもたちが新しい発見を得たり、価値観や考え方の違いに気づ
く――教室や美術館で、子どもたちがアート作品を観察し、考え、言語化し、他人とコミュニケー
ションしていく――ためには、どのようなことが必要なのでしょうか?このワークショップでは、参
加者との対話を交えた講義を通じて、子どもたちがアート作品を見てどのような発言をするの
か、そしてそれはなぜかを分析し、教育現場でアート鑑賞を実践していくための方法を探りま
す。また、アメリカにおける取り組みを紹介しながら議論していきます。

 ≪アメリア・アレナス Amelia Arenas≫
 美術館教育プログラムの専門家として1984年から1996年までニューヨーク近代美術館(M
oMA)の教育部講師として活動。同館が体系化した「視覚を用いて考えるためのカリキュラム
(VTC)」の責任者の一人。子どもから大人まで、様々な層を対象とした教育活動が注目され
る。98年、日本人のために書き下ろした『なぜ、これがアートなの?』や水戸芸術館、川村記念
美術館、豊田市美術館が共同で企画した同名の展覧会が大きな反響を呼ぶ。また、アレナス
が企画した彼女が構成、主演したテレビ番組(NHK)「ETVカルチャースペシャル:『最後の晩
餐』ニューヨークを行く」は、99年度の日本賞グランプリを受賞した。

 ■開催日時   7月3日(日)10:00-17:00(12:00-13:00休憩)
 ■会  場    京都造形芸術大学 人間館NA401

 ■アクセス
 ・叡山電車茶山駅(出町柳駅から2駅目)下車、徒歩10分。
 ・JR京都駅・阪急河原町駅から市バス5番で、上終町(かみはてちょう)京都造形芸大前下車すぐ。
 ・地下鉄北大路駅から市バス204番で上終町京都造形芸大前下車、徒歩1分。

 ■参加対象
  学校教育関係者、美術館関係者、美術教育または文化施設での教育普及活動に携わる
  方、鑑賞教育に関心のある一般の方、学生

 ■定  員   50名
 ■入場無料   事前申込み制 申込み募集は締め切りました
 ■申込み方法:  
  FAXまたはE-mailにて、必要事項(お名前・ご所属、参加希望人数、代表者の方の連絡先
  /ご住所、お電話番号、FAX番号、E-mail)をお書き添えの上、下記までお申込み下さい。  参加証をお送りしますので、当日必ずご持参ください。なお、応募者多数の場合は抽選とな  りますので、ご了承下さい。

 ■申込締切   6月20日(月)


 ■参加申込み・お問い合わせ先
 アートによるコミュニケーション・プロジェクト実行委員会  (担当:井手上、村山)
 TEL/090-6731-8598  FAX/075-231-8607  E–mail/acop@arts-staff.net
 〒604-8222 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3F
 子どもとアーティストの出会い 設立準備室内


主催:アートによるコミュニケーション・プロジェクト実行委員会
    (京都造形芸術大学 芸術表現・アートプロデュース学科、
     子どもとアーティストの出会い 設立準備室)
助成:独立行政法人国際交流基金  特別協賛:アサヒビール株式会社
[PR]
by kodomodeai-k | 2005-06-10 13:34 | イベント案内