京都を拠点としたNPOです。学校等教育現場でアーティストと子どもがワークショップを行う活動のコーディネートを行っています。


by kodomodeai-k

「混沌から躍り出る星たち2005』ギャラリートーク

『混沌から躍り出る星たち2005』
京都造形芸術大学ASP学科の学生による、
高校生のためのギャラリー・トーク

日時:2005年8月1日と2日 (オープンキャンパス期間)
   1回目 11:00~11:30
   2回目 12:00~12:30
   3回目 13:00~13:30
   4回目 14:00~14:30


場所:京都造形芸術大学内 ギャルリ・オーブ


プログラム:本校を訪れた高校生を対象に、『混沌から躍り出る星たち』に出展されている作品を使っての、対話型鑑賞プログラムを行います。
対話型の鑑賞プログラムとは、作品に関する予備知識を持たずにグループで作品をみ、ディスカッションを通して鑑賞する方法です。他者との会話をきっかけとして、作品をよく「観る」、自分の意見を「考える」、「話す」、そして人の意見を「聞く」ことの大切さと楽しさを作品を通して体験するものです。
 ナビゲーターは本学芸術表現・アートプロデュース学科(ASP)のアートプロデュース論Ⅱを履修する学生4人(井川、古川、岡田、嘉原)が行います。
 
『混沌から躍り出る星たち2005』
 本展覧会は、京都造形芸術大学2004年度卒業生の中から選抜された19名と、すでにアート界で活躍する3名の卒業生の作品を集めた、本校のショーケースというべき展覧会です。今年で5年目を迎える本展覧会は、昨年に続き、ASP学科の学生が企画、運営を行いました。
 今年は、例年の東京・青山の「スパイラルガーデン」での展示に加え、学内にできた最新のギャラリー、ギャルリ・オーブでも開催します。
《第一期》
会期:2005年6月24日(金)~2005年8月2日(火)※会期中無休
時間:10:30~18:30 ※入場無料
会場:ギャルリ・オーブ(京都造形芸術大学人間館1F)
《第二期》
会期:2005年8月5日(金)~2005年8月13日(土)※会期中無休
(ただし8月6日の一般公開は18:00まで)
時間:11:00~20:00 ※入場無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
[PR]
by kodomodeai-k | 2005-07-20 13:21 | お知らせ